資格取得でスキルアップ

スキルアップをする上でぜひとも役立てて欲しいのが、資格の存在です。資格は、持っているだけで自身のスキルをアピールできるものですが、多くの資格はそういう目的のためにあるものではありません。自身のアピールをするものは、免許です。資格とは、それを取得するためにスキルアップすることを目的とした、見える目標といえます。つまり、資格はそれが扱えるというよりは、それのためにスキルアップしたよというエンブレムなのです。
この時、簡単に取れる資格は候補から外した方がいいかもしれません。簡単に取れる資格をとったところで、スキルアップはなされない可能性があります。履歴書に書きたいのであれば取るべきですが、スキルアップを目指す場合は一旦おいておきましょう。どういう資格がベストなのかといえば、勉強して取れる資格です。勉強をすれば取れるという、自分の中での目標も達成できます。しかしながら、少しレベルが低いと感じるのであれば、もう一つ上の資格を目指すのも方法です。少しの勉強で取れてしまう資格は、資格をとった時点で満足してしまい、それ以上のスキルアップに繋がりません。
スキルアップをしていく上で必要なのは、もっと知識がほしいという「欲」です。その知識欲は、スキルアップをしていけばしていくほどこれでいいやと止まってしまいがちになるものなのですが、絶対に満足することはないでしょう。満足したなと思っている時は、脳が疲れたなと感じているだけで、すぐに別の知識を欲しがります。資格一つでは満足できない状態をずっと維持してあげれば、嫌でもスキルアップしていくものです。そこで大切なのは、諦めないことといえます。その知識欲を物欲として、諦めないと思い続けられる魔法のアイテムこそが、資格の真の価値なのです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です