視野は広く高くしていくもの

スキルアップをする上で重要なのは、どのようなスキルアップをするのか明確にすることです。そのためには、視野を広く高くしていくことが求められます。
視野を広くするというのは、どのような人がどのようなものを求めているかを、きっちりと見極めることです。例えば、こういう情報が欲しい・こういったツールが欲しいというのを、把握して作成するための環境を整えることがスキルアップになります。簡単に捉えがちですが、このような場合はその問題に直面している人と話すか、同じ視点を作ることが求められるのです。次に、視野を高くするということですが、これは会社側の目になるということが求められます。会社としては、どんな技術であれ、求めているものが手に入ればいうことはありません。そうなると、本人がすることといえば会社が外部に発注しなくてもいいような製造をしていくことや、他の人間が扱いやすいツールを提供していくことが必要です。どちらの面に置いても、設計をどうするかという考えに行き当たるかと思います。視野を広く高く持つことで、スキルアップに必要な物が自ずと見えてくるものなのです。そのことを突き詰めていけば、知らない間にスキルアップが達成されます。
スキルアップのことを考えるよりも先に、視野を明確に持つことが、スキルアップをするための前段階だといえます。そのため、さまざまなな人と話をしてみるのがいいでしょう。それは、上司部下に限らず、レストランで隣りに座った人にさえも意見を求めるレベルでなければ、スキルアップをしても実感することはありません。逆に、しっかりと視野を定めてそれを見返すようになった時に、スキルアップは実感できるものとなるのです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です