成長する人しない人

エンジニアになると、誰でも成長して一人前になりたいと思うはずです。しかし、同じ環境で仕事をしているにも関わらず、成長する人もいれば成長しない人もいます。同じ環境にも関わらず、なぜそのような違いがでてくるのでしょうか。
エンジニアとして仕事をするためには、多くの知識や技術が必要です。知識や技術について自信がある人の中には、自分はいくらでも成長できると思っている人もいるといいます。しかし、エンジニアとして成長するためには、知識や技術力があればいいというわけではありません。エンジニアとして成長するには、仕事を進める際にクライアントの目線になって仕事ができるかどうかです。エンジニアの中には、「自分には多くの知識があり、自分が考えている通りに進めれば間違いない」と思う人もいます。このような自分目線のエンジニアは、エンジニアとして成長するのは難しいといえるでしょう。エンジニアの仕事は、何よりもクライアントの依頼あっての仕事です。そのため、クライアントがどういったことを求めているのか・クライアントの立場に立って仕事ができているかどうかが大切となります。クライアント目線で仕事ができるエンジニアは、エンジニアとしての成長しやすい人です。
同じ環境でも、どのような目線で仕事をするかによって、エンジニアとして成長できるかできないかが変わってきます。知識や技術があると、ついつい自分目線で仕事を進めたくなりがちです。しかし、クライアント側の目線に立って仕事に取り組んでいくことが重要といえます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です